• トップページ
  • OUR CHALLENGE
  • 【BE studio STAFF リレーインタビュー vol.6 】
    英語にふれられる場を増やし、子どもたちの世界を広げていきたい
【BE studio STAFF リレーインタビュー vol.6 】
英語にふれられる場を増やし、子どもたちの世界を広げていきたい

ビースタジオの社員は、どのような志をもち、日々どのような仕事に携わっているのか…
6つの質問に、一問一答で答えてもらいました。

子どもたちが安心して・快適に学べる環境をつくる

1. 私の仕事

プラザ校*の出店に関する業務を担当しています。具体的には、出店計画をもとに商業施設に営業活動を行い、条件面の折衝や社内合意など契約に向けてアプローチします。契約締結後は教室レイアウトの考案や備品調達など開校に向けて準備を進め、開校後には販促活動のサポートや教室のメンテナスを行います。子どもたちが安全で快適に学べ、先生たちが居心地よく働きやすいようにハード面での環境整備に努めています。

2. 私の毎日 ―代表的な一日の過ごし方―

出店にあたっては、販促方法や先生の採用状況の確認、近隣のホーム校との情報共有など様々な部署と連携をとりながら進めるため、午前は主に打ち合わせを行なっています。午後は出店候補地の視察や実地調査など、外出が中心です。出店のチャンスを掴めるよう施設情報は常に更新し、デスクにいては掴めない情報は足で稼ぎます。
また、入会キャンペーンなど商業施設内での販促活動を円滑に進めるためには、ビースタジオの存在価値を高める施設側とのコミュニケーションは欠かせません。開校後も現場任せにせず、施設側と信頼関係を築くよう心がけています。

3. 私の“BE YOURSELF” ―この仕事を志した原点―

前職では自分が仕入れた商品が売れ、多くのお客様に手にとっていただく経験をしました。生活が豊かになったり新しい発見があったり、その商品でお客様の世界が広がるような影響を与えられたことに大きな達成感を得ました。その経験をきっかけに、誰かの人生に影響を与える仕事にもっと挑戦したいと思い、ビースタジオに入社しました。
私の人生に影響を与えた一つは、間違いなく英語です。私の拙い英語力でも海外一人旅の際や外国人講師とコミュニケーションをとれたときには、世界が広がった実感がありました。そのため、「英語が話せない」を理由に、自分の世界が広がらないのは非常にもったいないと思っています。一歩踏み出せばなんとかなる、その度胸が私の強みでもあり、営業の仕事にも活きていると感じています。感受性の豊かな幼少期から英語に触れ、臆せず話せる環境を提供することで子どもたちの世界を広げていきたいです。

4. 私のやりがい・楽しさ

長年教室を運営すると、経年劣化で壁紙が破れたりドアの立て付けが悪くったりどうしても不具合が生じます。その対応について先生から感謝の言葉をもらえるのはうれしいですね。 以前、生徒が泣きながら教室にきて、その子に先生がずっと寄り添っている光景を見ました。小学生だったのでレッスンを受けるのが嫌で泣いていたのではなく、何かきっと悲しいことがあったのだと思います。先生が話を聞いているうちに泣き止みましたが、そのときにビースタジオが英語を学ぶだけでなく、子どもにとって安心して通える居場所になっているのかなと感じました。先生が信頼できる存在になり、教室が信頼できる場として機能していることに感動したと同時に、これからの教室の在り方を考えるきっかけになりました。

5. 私の成長エピソード

入社して1年、一通り仕事を経験しましたが、まだまだ貢献できていないと感じています。それでも仕事を何とか前に進めていけるのは、入社後のオンボーディング*が充実していたからだと思っています。教室現場での研修をはじめ、約半年に渡って仕事を教えてもらいましたが、正直ここまで丁寧な育成環境があるとは思っていませんでした。「成長した!乗り越えた!」という経験を重ねていけるよう新たな仕事や経験にも積極的に挑戦し、自分なりの武器を見つけてこれから力を発揮していきたいと思っています。

6. 私の“WANT TO BE” ―これから成し遂げたいこと―

新しい教室をひとつ開校できると、少なくとも100人の子どもたちが英語を学べます。一人でも多くの子どもたちに学びの環境を提供するため、新規出店を加速させて事業成長につなげていきたいと考えています。
一方で、コロナ禍では教室以外で学べる、オンラインレッスンの提供が実現できました。それでも対面で学ぶニーズは変わらず高く、教室の重要性や存在意義を改めて感じています。さらにデジタル化が進み、学び方はこれからますます多様化していくと思いますが、時代の変化に合わせて教室の在り方を再定義しながら子どもたちが英語を学べる場をつくっていきたいです。



* ビースタジオには、ショッピングモール内などに入ることが多い「プラザ校」と、地域密着型の「ホーム校」、大きく2つのタイプの教室があります。
* ビースタジオでは中途入社者に対し、不安なくパフォーマンスを発揮できるように経験やスキルに応じた育成プログラム(オンボーディング)を組んで1年間フォローしていきます。